2011年10月26日

ベートベンの「第九」がラジオから流れていた

昨日、まだ10月だというのにベートベン交響曲第九番

二短調作品125がFMラジオから流れていた。

日本では親しみをこめて「第九」(だいく)とも呼ばれている。

おそらく、日本においてはベートベンの作品の中で

一番多く演奏されるのは「第九」であろう。

東京のサントリーホールにおいても、11月3日に

「サントリーホール25周年記念」でN響による「第九」

の演奏会が組まれています。

12月は驚くことにサントリーホールのみで10日間も

「第九」の演奏会が組まれているのである。

私はまだサントリーホールには一度も足を運んだ

ことはないがいつかこのホールで「第九」を聴いて

みたいと考えている。



posted by porigucci at 23:30| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする