2011年10月09日

十三夜は秋の収穫を感謝する日

今日は旧暦の9月13日にあたり、

十三夜と呼びます。

日本では古来からお月見をし今年の収穫を感謝します。

気象データによると、

十五夜はあまりすっきりしない夜空が多く、

逆に十三夜の夜は晴れることが多いといわれます。

実際に今日の夜空は澄んでおりくっきりとお月さんを

見ることができます。

そのことから「十三夜に曇り無し」という言葉が

あるくらいです。

国立天文台の星空情報によると、

今月の12日(水)が満月であるので

ぜひ晴れてほしいものです。


posted by porigucci at 23:18| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする