2011年05月15日

小倉のシンボル足立山に登る

今日は久しぶりに小倉のシンボルである足立山に

孫たちと登ってきました。

足立山は、アダチヤマあるいはアダチサンとも呼ばれます。

また、別名を霧が岳(きりがたけ)とつけられているが

なじみは薄い。

昨日につづき今日も素晴らしい天気です。


018.JPG

写真は昨年の4月に撮ったもので、北九州中央公園から見た足立山の遠景



002a.jpg

妙見宮の登山口から足立山の頂上をめざす



小倉南区&貫山.jpg

砲台山の付近から小倉南区の貫山(ぬきさん)を望む



足立山&妙見山.jpg



足立山 ぶらんこ.jpg

孫たちが大きなヒノキに吊るされたブランコに乗る。

結構スリルがあります。

場所は足立山と妙見山の鞍部である。



足立山&小倉北区@.jpg


足立山&小倉北区.jpg

足立山の頂上から北九州市小倉北区の市街地を望む。

すぐ下の山は妙見山で稜線を伝って行けば小文字山へたどりつく。



足立山.jpg

頂上で記念撮影



足立山頂上.jpg



戸ノ上山.jpg

門司の戸の上山(とのうえさん)と新門司の周防灘を望む。

60歳代の男性が戸の上山から縦走してきたそうだ。

私も過去に縦走の経験がありますが、所要時間は3時間位だと思われる。



新門司&周防灘.jpg

新門司と周防灘を望む


小倉北区@.jpg

足立山頂上から小倉北区の市街地を望む



       足立山ブランコ.jpg      

頂上から下るときに、再び孫たちがヒノキに吊るされたブランコに乗る。

よほど楽しかったのでしょう。 



    060a.jpg



061a.jpg

妙見山から小文字山の方角へ下山する。



065a.jpg



064a.jpg

なだらかな足立山を背にする。



068a.jpg

右手に戸ノ上山(門司区)を望む



069a.jpg

足立山と小さく尖った妙見山を後に、ひたすらに小文字山へ向かう。

    


    077a.jpg




関門海峡.jpg

関門海峡に架かる関門橋がうっすらと見える。


響灘.jpg

ひびき灘に浮かぶ六連島と馬島が、さらに遠方には蓋井島が

うっすらと見えます。



下関市彦島.jpg

山口県下関市彦島と竜王山



087a.jpg

まるで森のトンネルのような感じである。



086a.jpg

小文字山の頂上にはいつもこいのぼりが飾っている。



小倉北区.jpg


小倉北区2.jpg

小文字山(こもんじさん)から小倉の市街地を望む。

遠方に見える山は1000万ドルの夜景で有名な皿倉山(八幡区)。

大きな銀色の屋根の建物はメディアドームで、イベントや競輪が

行われる全天候型の施設である。



040a.jpg

今回のザックはブルーのシュイナード・ドラゴンをお供にする。

本日の登山コースは森林公園駐車場→妙見宮登山口→砲台山

妙見山→足立山→妙見山→小文字山→森林公園駐車場。

孫(8歳と6歳)を連れての所用時間は約4時間でした。


posted by porigucci at 23:20| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする