2011年01月31日

自然災害は手に負えないものだ

今日の北九州市は午前中に雪が舞い寒かった。

昼からは時折り薄日が射し寒さが幾分

緩んだ感じである。

それにしても、日本海側に記録的な雪が降り、

南国宮崎では鳥インフルエンザと新燃岳の噴煙で

地元の人たちは大変な目にあっている。

自然災害というものは本当に手に負えないものだ。

さて明日から2月ですが、ついこの間、正月を迎えた

ばかりと感じるのは私だけだろうか。

posted by porigucci at 23:59| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

北海道の美しい雪景色を婦人雑誌で堪能できた

北九州市に寒波がやってきており、昨日も今日も

小雪が舞う寒い休日となった。

ひょっとすると、小倉の街にも白い雪景色が

見られるのではないかと期待したが積もるほどの

雪ではなく残念である。

北九州市は毎年、冬のあいだに2〜3回は雪景色に

なるのだが今年は本格的な雪はまだである。

今日は午後から小倉中央図書館に本を返しに出かける。

 hokkaido.jpg

そして、家庭画報という雑誌にに掲載されていた

北海道の美しい雪景色の写真に出会ったのである。

一面の白い雪と樹木、そして変化に富んだ白い雲と

青い空のバランスがとても美しく北海道ならではの

冬景色を婦人雑誌で堪能できたのである。

雪堀口の日記「雪景色は美しいが大変だ!」
http://pori-nikki.seesaa.net/article/138313494.html

posted by porigucci at 21:28| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

炭水化物の理想的な摂り方

炭水化物の理想的な摂り方は、

朝はパン、昼は麺、夜はごはんである

という説があります。

理由は、炭水化物はその種類によって

消化スピードと糖に変化する速さが違う

というのである。

それをグリセミック指数(glycemic index)と言います。

グリセミック指数とは炭水化物が消化されて

糖に変化する速さを相対的に表す数値であり、

グリセミック・インデックスまたはG I 値とも表現される。

炭水化物の種類で一番消化が早くG I 値も速いのがパンである。

パンは素早くエネルギーに変えることができ、

脳をすぐに目覚めさせるので朝食に最適であるという。

昼は仕事や勉強で脳や体を夕方まで活発に使うので

比較的消化とG I 値が速いうどんなどの麺類がよい

そうである。

夜は、脳や体を使う量は減るので消化や G I の遅い

ごはん(玄米)がおすすめであるというのである。

理由として、G I 値は遅いほうが太りにくいから

と言われています。


posted by porigucci at 11:58| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

関節リウマチの発症サインを見落とさない

関節が壊れていく関節リウマチは早期に発見する

ことが一番です。

それには発症のサインを見落とさないことです。

関節リウマチの初期症状は、

朝起きた時に手の指の関節がこわばります。

具体的には、手を開いたり閉じたりしにくくなったり、

体を動かしにくくなります。

そして「朝のこわばり」は毎日起こり、

それも30分から1時間ほども続くようです。

また、指の関節や付け根、手首などに腫れや痛みが

起こります。

もし、このような症状があれば、すぐにかかりつけ医や

リウマチ専門医で受診しましょう。

関節リウマチの治療は、薬物治療が中心です。

最近は、症状を抑えるだけでなく、関節破壊の進行を防ぐ

薬がでているので治療は格段に高まっています。

posted by porigucci at 20:42| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

関節リウマチは女性に多い病気

関節リウマチというとお年寄りの病気と思われがちですが、

以外にも発症年齢が30〜50歳代がもっとも多い

ことを知ってほしい。

しかも男性よりも女性が圧倒的に多いという。

現在、はっきりとした理由はわかっていないが、

おそらく女性ホルモンが影響していると考えられている。

人間の体には細菌やウイルスなどの外敵から身を守る

免疫システムがあります。

その免疫システムに何らかの原因で異常が起こる。

そうすると自分の体の組織を敵とみなし、攻撃することがある。

これを自己免疫疾患といい、関節リウマチでも同様の

ことがみられます。

関節リウマチは、関節を包む「滑膜」が攻撃の的になり、

炎症が生じる。

滑膜は炎症のために増殖して、やがて軟骨や骨に入り込み、

それらを破壊していく。

そうして関節が変形を起こし、さらに進行すると関節そのものが

動かなくなり、ついには寝たきりになるケースもあるようです。

いったん関節が変形してしまうと、元の状態に戻すことが

難しく大変怖い病気である。

posted by porigucci at 21:42| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする