2010年10月19日

頭痛は大きく二つに分類される

ひと口に頭痛といっても千差万別であるが、

大きくは2つに分類されます。

ひとつは、クモ膜下出血や脳梗塞などの病気を

原因とするもので、二次性頭痛と呼ぶ。

頭痛の症状はいままでとは明らかに異なるので

注意しましょう。

特に痛みの頻度や痛さが日増しに強くなり、

頭痛に加えて言語障害や麻痺、意識障害など

の症状が出たりするそうです。

こういう場合は、すぐに救急車を呼びましょう。


もうひとつが、検査をしても異常が見つからない

一時性頭痛である。

これはいわゆる慢性頭痛といわれるもので

3つのタイプがある。

1.発作的にはじまり、脈打つように痛む片頭痛。

2.頭全体が締めつけられる緊張型頭痛。

3.一定の時期に起こり、目の奥が激しく痛む群発性頭痛。

これ以外にも鎮痛剤などの飲み過ぎによる薬物乱用頭痛が

あります。

作家の五木寛之さんは低気圧が近づいてくると、

片頭痛が起こるのでつらいと言っていたことを

記憶している。

posted by porigucci at 21:46| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする