2009年04月16日

何と高校生の4割が生活習慣病だって

厚生労働省の研究班による調査で

高校生の4割が生活習慣病の予備軍になっている

というからびっくりである!

生活習慣病といえば中年のおじさんというイメージが

強いですね。

調査によると、テレビの視聴時間が長い生徒ほど血圧や

血糖値が高いようです。

男子では朝食を食べない生徒ほど内臓肥満になりやすく、

母親の体格指数(BMI)が高い生徒の内臓肥満度も

高かったという。

調査班は、運動系部活への参加か、休日に60分以上の運動、

テレビの視聴時間は平日50分以内、休日100分以内に抑える、

朝食を毎日とる、腹囲が80センチを超えたら、医師に相談

するなどの提言をまとめています。

ただし、高校生に限らず現代人は、ファーストフードを

はじめとする食習慣も大きな一因ではないかと考えます。

posted by porigucci at 23:51| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

乳がんを見つける自己検診のポイント

専門医によれば、自己検診による乳がんを見つけるには

毎月定期的に自分の乳房をさわることを習慣にしましょう

と呼びかけています。

月経のある方なら、生理が始まって1週間後の胸のはりや

痛みが少なくなった柔らかい状態の時が良いそうです。

一方、生理に伴う変化がない方や閉経した方は、

毎月1日とか生まれた日というように日程を決めておきます。

大切なのは、1ヶ月に1回でも2ヶ月に1回でも構わないが

均等な間隔で行うことがポイントです。

なぜかと申しますと、うっかり1年以上自己検診しないで

気づいたら大きなしこりがあったという事態が現実に

見られるという。

自己検診の方法としては、仰向けに寝てする方法と、

入浴時に座るか立ったままする方法がありますが、

ベストなのは寝てする方法がよいと強調しています。

寝ると乳房全体が広がり、深い乳房も奥まで確認しやすく

なり、しこりの見落としが少ないらしいのです。

特に乳房が大きく豊かな方は乳房下部が深く、

しこりの見落としがあるので寝てする方が良いと

いえます。

入浴時に行う方法は裸になっている時に、ついでにできる

点がよいところです。

石鹸をつけて指で乳房を滑らせるようにできる点が良いという。

座って、または立って自己検診する時は、背筋をしっかり

伸ばし胸を前にそらせて出来るだけ乳房を広げてください。

このように、あなた自身の健康を守るためにも自己検診は

欠かせませんよ!

posted by porigucci at 23:34| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

現代女性に乳がんが増えている

現代女性の30人に1人がかかるといわれている乳がん。

今や毎年約4万人もの人が乳がんになり、亡くなる人も

1万人に近づいているというから驚きである。

乳がんに罹患した人のうち、自分でしこりを見つけた方が

8割以上おられるのです。

しこりは、1センチくらいの大きさでも丁寧に乳房の自己検診を

すれば、見つけることが可能であるという。

しこりの感触は、小石やビー玉のようなごろりとした塊に

似ているそうです。

もしも、あなたがしこりを見つけた場合は、痛みがなくても

必ず専門医に診察を受けてください。

早期であれば、再発も少なく、死亡率の少ない疾患ですので

早期発見、早期治療が重要です。

ラベル:乳がん 女性
posted by porigucci at 23:55| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

鼻栓が男女の間で売れている

耳栓ならぬ、鼻栓が30〜60代の男女の間で売れているという。

いわゆる、鼻に挿入するマスクといわれるものです。

形状は小指の先ほどの大きさの半円形(左右対称)のもので、

鼻の中に押し込んで使います。

もちろん、会話や飲食も普通にできます。

種類は、使い捨てタイプや洗って5〜6回使えるものがあります。

購入者のほとんどが花粉症にかかっている人です。

花粉症の症状のうち、もっともつらいのが、
 
鼻から入る花粉が引き起こすくしゃみと鼻水であるらしい。

安易に薬に頼らずに改善できる商品として、

一躍注目を集めているそうです。


posted by porigucci at 23:43| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

高速バスで福岡市美術館に行く

oohori.jpg

今日は福岡市美術館で開催されている、

レオナール・フジタ(藤田嗣治)展に行ってきました。

マイカーで行くか、電車(JR九州)で行くか、それとも

高速バスで行こうかと考えたあげく、結局は一番経済的な

高速バスで行くことにしました。

料金は小倉〜福岡往復切符で2000円である。

福岡市の中心街である天神で降り、けやき通りをゆっくり

散策しながら大濠公園に隣接している福岡市美術館に着いた。

案の定、美術館の駐車場は満車であったのでマイカーで

来なくてよかった。

今日の目玉は何といっても、1992年、パリ近郊の倉庫で

発見された縦横3mにもおよぶ4点の作品を鑑賞するためです。

この4点の作品は長く行方知れずだった一連の大作で、

その後パリで6年間にわたって修復された代物なのです。

この機を逃すと、おそらく二度とみることができない作品

であると思い足を運んだのです。

藤田嗣治(1886〜1968)といえば、繊細な線描と

「素晴らしき乳白色の地」と評された天才画家である。

独特の白による一連の裸婦像の作品がパリをはじめ

世界の美術ファンを魅了しているのです。

今回の作品はパリ市立近代美術館や京都国立近代美術館、

埼玉県立美術館、下関市立美術館、福岡市美術館所蔵や

個人所蔵の作品が一同に展示されており、じっくりと時間を

かけて、夢中に鑑賞したしだいです。

これらの作品は、ただただ、すばらしいという一語に尽きます。

特に感じたのは、すぐれた画家の共通点はデッサンの技術が

ずばぬけており、驚嘆するばかりであった。

 


posted by porigucci at 23:55| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする