2009年01月08日

髪と頭皮にやさしいシャンプーとブラシ

シャンプーは、脂っぽい頭皮の人は、洗浄力が強めのものを、

乾燥気味の頭皮には、洗浄力が弱いものを選びましょう。

洗浄力の強さがわかりにくいときは、

口紅を手の甲に100円玉くらいの大きさに塗ります。

シャンプーを指先に取り、口紅を塗った部分にのせて、

力を入れずに円を描くようにこすります。

最後にティッシュで拭き取ります。

すぐに口紅が溶けるように広がったら洗浄力が強め、

30秒以上かかってゆっくりなじむ場合は弱めといえます。

リンスは、

髪の表面に膜を作り、髪をなめらかにする働きがあるのに対し、

トリートメントは、

キューティクルのすき間から内部に浸透して髪の潤いを保ちます。

キューティクルとは毛髪の表面をおおっている部分で、

外側の刺激から毛髪内部を守り、髪につやを与えます。

根もとから毛先に向かってウロコ状に重なり合い、

通常6〜8枚が密着した層をなしています。

健康な髪はウロコ状に整っていますが、

傷んだ髪はウロコ状が乱れています。

摩擦に弱いため、無理なブラッシングや乱暴なシャンプーにより

傷ついたり、はがれやすくなったりします。

ブラッシングには、

ダメージの原因となる静電気が起きにくい

天然毛のブラシがおすすめです。

ブラッシングで頭皮皮脂を浮かせて、

髪に行き渡らせることで髪に自然なつやが生まれます。
posted by porigucci at 19:41| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

頭皮を意識してシャンプーする

白髪を抜くとかえって白髪が増える

とよくいわれますが、科学的根拠はありません。

ただし、毛を抜くことにより毛根が傷んで

髪が生えてこなくなることもあるので、

抜くよりも根元から切るほうがよいそうです。


髪の脱毛には男性ホルモンが関わっているほか、

男性は頭皮の皮脂分泌が盛んで

毛穴が詰まりやすい傾向があります。

ですから、頭皮を意識してシャンプーすることが大切です。


毎日シャンプーしているのに、フケがおさまらないのは、

シャンプーで洗いすぎて頭皮が乾燥しているかもしれません。

特に、シャンプーがきちんと洗い流されていないと

頭皮を刺激し、フケの原因となるので気をつけましょう。


髪を洗って乾かすのは、自然乾燥が髪にやさしいのですが、

時間がかかります。

しかし、乾かさずに寝るよりはドライヤーを使ったほうがよいのです。

濡れた髪や頭皮は摩擦に弱いので、

枕などでこすれて傷みの原因になります。

尚、ドライヤーで髪を乾かすときは、冷風であれば問題ないが、

温風を使う場合、

髪を傷めないために温風と冷風を交互に当てましょう。
posted by porigucci at 22:21| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

髪が元気であるならば全身も健康である

髪は、脳や頭皮を外部の衝撃から守る働き、

暑さや寒さから守る働き、また体にとって有害な物質を

体外に排出する働きをしている重要な存在です。

しかし現実には、

髪が薄くなったり抜けてしまったりという問題が起こります。

それを年のせいなどとあきらめてしまいます。

ひょっとしたら、間違ったシャンプーの仕方や

ストレス、栄養状態、運動不足などが原因かもしれません。

髪について気になることがあれば、

ヘアケアのやり方や生活習慣を見直さなければなりません。

特に百害あって一利なし

といわれるタバコは髪にとってマイナス要因です。

ニコチンが交換神経を刺激して血管を収縮させるため、

頭皮の血行が悪くなり、髪の成長が妨げられ、

薄毛・抜け毛を進行させてしまいます。

頭皮を清潔に保ち、頭皮の血行をよくすることが

髪の健康を保つ秘訣です。

食事はバランスよく摂り、髪の主成分となるたんぱく質と、

たんぱく質が有効に利用されるために必要なビタミンB群、

ビタミンEが不足しないようにすることが大切である。

食事で取った栄養分は、

先ず心臓や脳など生命に関わる器官や疲労回復に使われ

最後に髪に行き渡るのです。

そのため、髪が元気であるならば、

全身も健康であると言えるのではないでしょうか。
posted by porigucci at 22:05| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

風邪予防に大豆の亜鉛

大豆といえば、タンパク質という答えがすぐに返ってきますが、

亜鉛も多く含まれています。

亜鉛はタンパク質の代謝にも関わっているため、

不足すると髪につやがなくなったり、肌が荒れたり、

爪が割れるなどの症状が現れるので女性にとっては油断禁物です。

ほかにも、傷が治りにくい、風邪を引きやすいと感じ時は、

亜鉛が不足している可能性があります。

そうならないために、

亜鉛を多く含む大豆をうまく取り入れましょう。

大豆はたんぱく質をはじめ、さまざまな栄養が含まれていますが、

弱点もあります。

それは、カロテンとビタミンCが少ないことです。

このため、緑黄色野菜や果物といっしょに摂ることで補いましょう。

たとえば、カレーやシチュー、炒め物、サラダなどに

大豆をパラパラとふりかけて食べることをお勧めします。

尚、大豆を戻すのが面倒あれば、

大豆の水煮缶やドライパック缶を利用すると便利です。

下処理済みなので思い立ったらすぐに料理に使えます。

大豆缶は旬の時期に収穫して下処理した後、缶に詰めたものです。

ストックしておけば、すぐに調理できますし、

腐らせる心配もありません。

ただし、賞味期限が過ぎないよう保管に工夫をしましょう。


posted by porigucci at 19:55| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

大豆は良質のたんぱく質が豊富で消化吸収もよい

大豆は、「畑の肉」といわれ

肉に匹敵する量のタンパク質を含んでいます。

カルシウム、ビタミンB群、鉄などの豊富な栄養素を含み、

肉や魚に比べて脂肪が少なくカロリーが低いうえ、

コレステロールが含まれないのでダイエットに最適です。

豆腐や豆乳などは加工され、

食物繊維の多い種皮が取り除かれているが、

大豆なら種皮もいっしょにとれます。

また、大豆オリゴ糖がビフィズス菌の餌となり、

腸内善玉菌を増やし便秘の改善にもよいのです。

最近、大豆の成分に注目されているのが、

大豆サポニン、レシチン、イソフラボンです。

サポニン、レシチンとも脂質の代謝を促し、

血糖値を下げ血中コレステロールや

中性脂肪を減らす働きがあります。

高血圧や動脈硬化、認知症、メタボなどの

予防に効果があるとされています。

ただし、大豆はプリン体も多いので

痛風の人や尿酸値の高い人は控えてください。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンの

エストロゲンに似た作用があり、骨粗鬆症の予防や

更年期障害の症状緩和に役立つといわれています。

気をつけたいのは、いくら大豆が良いからといって、

大豆ばかり食べてはいけません。

何よりも、バランスの良い食事が一番大事なのです。
posted by porigucci at 21:05| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする