2009年01月31日

手作り料理をまずいと錯覚している

一人暮らしの若い女性というより、

若い女の子は、いつも夕食の弁当をコンビニで

買って帰るのだそうだ。

たまに、仕事仲間に誘われて定食屋とかに行くんだけれど、

正直まずくて食べられないという。

ふだんから、ファーストフードやレトルト食品の味に慣れて、

手作り料理をまずいと錯覚しているようだ。

まわりの人に、

「たまには自分で料理しないと栄養が偏るので

よくないですよ」とアドバイスされても、

「だって料理すれば光熱費がかかるし、食べ物の匂いが充満して

不潔っぽくなるからいや」という言葉が返ってきたという。

彼女は、のり弁が380円で買えるのに、

材料を買って煮炊きすれば

余計な出費がかさむからバカバカしいという。

これが若い女の子の普通の感覚であるとすれば、

結婚して家庭を持ったときや子育てをするときは

一体どうなるのだろう。


posted by porigucci at 23:08| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

夫に浮気をさせないコツ

結婚した女性が、

夫に浮気をさせないコツがあるという。

そのコツとは「おいしい料理を作って、

きちんと化粧していれば大丈夫」と

と言われている。

これは案外、真実のようで、

年配の女性もかなり納得しているのだ。

「人は自然に楽しいところ、

居やすい場所に集まってくるのよ。

ダンナに早く帰ってこいとガミガミ言う主婦は、

おいしいものを作ってないのよ。きっと」

ある有名な料理家の述べたものであるが、

的を射ている言葉と思います。

以前、テレビのバラエティで、

若い女の子に味噌汁を作らせたり、

ごはんを炊かせたりする番組があったという。

内容は度肝をぬかれるもので、

米をとぐのに洗剤をお釜にいれて泡だらけにしたり、

皮をむかずに大根をブツ切りにして鍋に入れたり、

味噌汁に砂糖を混ぜたりするのだ。

世の中、インスタント食品やコンビニの発達で、

時代は包丁を使ったことがない女の子を

たくさん生み出したといわれています。

そればかりか、魚や肉は言うに及ばず、

味噌汁の味噌までさわるのが

気持ち悪いというありさまです。

こういう女の子は、レストランで食事をしても

何の感動もないようです。

もし料理の知識が乏しい女の子が、

結婚したあかつきには、

夫となる男性は果たして幸せな人生を

送ることができるのでしょうか。
posted by porigucci at 22:32| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

花粉症は風邪の症状に似ている

花粉に接触した人全員が、花粉症にはなりません。

家族に、花粉症の方がおられると、

花粉に対してアレルギーを起こしやすい体質を

もっている可能性が高く、

発症しやすいと言われています。

ダニなどのハウスダストが原因で

一年中鼻水などの症状を起こす「通年性アレルギー性鼻炎」

や「喘息」「アトピー性皮膚炎」など、

ほかのアレルギー性の病気がある人は、

花粉症を発症する可能性が高いといわれています。

花粉症の症状は、

頻繁にくしゃみが起こる

透明でさらさらとした鼻水が出る

鼻づまりがある

目にかゆみがあり、涙目になるなど

風邪の症状と似ているが、

花粉症は特定の季節に起こったり

強まったりするという特徴があります。
posted by porigucci at 23:07| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

花粉症は年々増加している

花粉症は、誰にでも起こりうる病気です。

患者数は年々増加しているといわれ、1種類だけでなく

複数の種類の花粉が原因となることもあるようです。

花粉症の症状はかぜと似ているため、発症に気づかず、

つらい症状が長引いて悩む人が多いようです。

私たちの体には、ウイルスや細菌などの異物が侵入すると

それを排除する「抗体」をつくり、体を守る「免疫」という

機能があります。

しかし、体に害はなく排除する必要のないものを体が異物として

認識し、過剰な防御反応を起こすことがあります。

こうして起こる病気を「アレルギー」と呼び、「花粉症」も

その1種であるのです。
posted by porigucci at 23:12| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

日本酒は体を温め肌をしっとりさせる

新酒の到来を知らせる酒林(さかばやし=杉玉)が、

酒蔵の玄関に吊り下げられています。

昨今は、焼酎に押されている日本酒ですが、

寒い季節には、やっぱり日本酒が美味しいですね。

特に、おでんや鍋物には熱燗がたまらなくよい。

日本酒を購入する時には、まず、ラベルをしっかり

見ましょう。

原料が米、米こうじだけのものが純米酒で、

日本酒の基本ですね。

これに醸造用アルコールが少し加わると、「本醸造」

である。

これは、あくまで原料による区分である。

原料の米を削りに削り、60%以下にまで精米して

低温発酵させたのが、吟醸酒である。

これが大吟醸となると50%以下となります。

なかには、20%以下まで精米した大吟醸もあります。

食事をしながら、冷や酒を飲む場合、

吟醸や大吟醸だと、酒の味が強すぎて料理の味を

ころしてしまうので、純米酒のほうがよろしいですね。

同じく、食事をしながら燗酒で飲む場合、

純米酒は味が悪くなるものが多いので、本醸造がいいでしょう。

たくさん飲むのでなく、少量飲む場合は、香りが強く

コクのある吟醸酒や大吟醸がよいと思われます。

焼酎は基本的には体を冷やしますが、

日本酒は体を温め、肌をしっとりとさせる効用があります。

ただし、飲みすぎはよくありません。
posted by porigucci at 23:29| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする