2008年10月11日

呼吸法はお金もかからず手軽にできる

呼吸法というのは、いろいろな方式があるようですね。

しかも、呼吸法はスポーツのもつ充実感みたいなものもなく、楽しくないというのが一般的な感想である。

作家の五木寛之さんは、父親の影響で子どものころから、呼吸法を自己流で続けているという。

呼吸法で大切なのは、吐く息であり、すごくエネルギーを要するのです。

呼吸法が大切だというのは、ブッダからはじまり、多くの先人たちも説いている。

人間が臨終を迎えるとき、息を引き取るというけれど、本当に、スーッと息を吸って亡くなるという。

ハーッと吐きながら亡くなる人はいない。吸った息を吐く力がなくなったとき、命が終わるというのだ。

逆に、赤ちゃんが生まれるときは、お産婆さんが尻をパシーンとたたくと、オギャーッと泣くのは、吐く息であるという。

このように、吐く息が、生きる命にとっていかに大切であるかということが理解できるのではないでしょうか。

西洋医学の観点から呼吸法を述べると、吐く息は、自律神経の中の副交感神経を刺激し、リラックスさせる。

吸う息は、交換神経を刺激して、体を興奮、緊張させる。このように呼吸法は両方を刺激して、バランスを崩した自律神経を回復に導くのです。

呼吸法の基本は、吐く息をゆっくり長くして、体の中の老廃物を吐き出すような気持ちで行い、吸う息は、体全体にくまなく行きわたるように心がけることが大切なのです。

呼吸法は、お金もかからず、道具も必要としなく、いつでもどこでも手軽にできる健康法です。

いらいらしたり、ストレスが溜まっていたりしたときには、呼吸法を行うとよろしいのではないでしょうか。

心が安らぐので是非、お勧めいたします!


posted by porigucci at 09:19| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

爪を刺激すると、いろいろな症状を改善できる

爪を刺激すると、いろいろな症状を改善できると言われます。

これは、爪の生えぎわに神経が集中しており、自律神経の働きを整えるといわれています。

やり方としては、爪の生えぎわの左右(爪の上下ではなく、爪の側面)を、片方の親指と人差し指ではさんで、少し痛いなあと感じる程度に、ギユッと押して、20秒間ほど押して刺激します。

これを左右両方の指で行ないます。

ただし、薬指は交換神経を刺激するので避けたほうがよいそうです。

このように、薬指以外の全部の指を刺激しても、短時間でできるので、一日に2〜3回ほど行うとよいそうです。

1ヵ月間、毎日続けていると、体が温かくなったり、不眠、肩こり、生理痛、自立神経失調症、ぜんそく、アトピー性皮膚炎、精力減退など、さまざまな症状を軽減したり改善する効果がみられるという。

爪もみは、たんに健康維持の目的で行っても、何らかのよい効果が期待できる不思議な療法なのです。

簡単にできることなので、是非、みなさんも1ヵ月間試してみてはどうですか。
posted by porigucci at 21:20| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

玄米で人生が変わった

「体温免疫力で病気は治る」の著者、安保徹(医学博士)さんは、

玄米で人生が変わったと述べています。

安保徹さんはある時期において、非常に大きなストレスを抱えていたという。

その間、毎日いらいらし、怒ったり、どなったり、あるいは落ち込んだり、

非常に不安定な精神状態になっていた。

そして、肉体的にも血圧が高くなり、ひどい肩こりに悩まされ、

夜間頻尿の症状に困るなど、心身ともにボロボロの状態だったという。

そんな折、たまたま友人から玄米をもらい、自宅の食事を玄米食に

したところ、一週間で体がポカポカと温かくなったという。

当時の安保さんの体温は35.5℃で、ストレスによる交感神経優位の

典型的な低体温状態であった。

しかし、玄米食にきりかえてから、体温は36.5℃まで上がり、

体調がすっかりよくなったといいます。

便通もよくなり、便といっしょに毒素がでていくせいか、

それまで荒れてガサガサだった肌がツルツルになり、

手のかさかさもなくなったようです。

血圧も下がり、肩こりなどの症状も消え、すっかり健康をとりもどす

ことが出来たと述べています。

とても信じられませんよね!

体調だけでなく、心のもち方もずいぶん変わり、ものごとにあくせくしたり、

怒ったり悲嘆するなどの、心の起伏が少なくなり、毎日を平穏な気持ちで

過ごせるようになったと言われる。

最後に、安保徹さんは玄米食を始めたおかげで、

「私の人生そのものが大きく変わったといっても過言では無い」と

結んでいます。


posted by porigucci at 12:36| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

玄米ばかりを食べるのはよくない

いくら玄米がよいからといって、毎日、玄米ばかりを食べるのはよくないのです。

米は稲の種子ですが、種子には何らかの毒素が含まれているという。

種子は、その種の生命を維持し、命をつないでいく生物にとって非常に重要なものなのです。

このため、動物に食べられないよう毒素で我が身を守っているのです。
例えば、生の豆は微生物以外には食べることができません。

豆類は調理するとき、強いアクガ出ますが、これは豆に含まれている毒素によるものです。

同じように、玄米にも毒素があるので、食べ過ぎると体調が逆に悪くなるのです。

また、一般に玄米を食べ過ぎている人は、肌の色が黒くなるようです。しかし、適量に食べていると肌は白くなるという。

また、アトピー性皮膚炎の子どもには、玄米の食べ過ぎは良くないと言われています。

一般的に健康な体は、食べ物に含まれる毒素のようなよくない物質を、尿や便中に排泄するメカニズムをもっています。

ところがアトピーの人は、体内の毒素を排泄する機能が低下しているため、玄米の毒素が体内に残り悪い影響を受けやすいのです。

玄米は食物繊維が多く含まれており、食べ過ぎるとおなかをこわすことがあるようです。

このような状態が続くと、腸に負担がかかり、かえって便通が悪くなるという。

玄米にかぎらず、どんな食べ物でも、体によいからといって、そればかり毎日食べるのはよくありません。

健康のために玄米を食べなければとか、体によいから毎日食べなければと自分に言い聞かせ、義務のように無理やり食べるのは、ストレスとなり、かえってよくありませんよ。

あくまで、食事は楽しく、バランスよく食べることが大切です。

今日は玄米を食べたくないなあと思ったら、やめればよいし、白米が食べたいなあと思ったら、ためらわず食べればよいのです。

あまり、神経質にならず、自分にとって楽な気持ちで何事も対応すべきではないでしょうか。


posted by porigucci at 20:59| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

玄米は栄養が豊富である

玄米は健康によいことは、よく知られています。

玄米がすぐれているのは、栄養が豊富であることです。

みなさんは、知っていますか。

稲の栄養部分は稲の中身ではなく、糠や胚芽に集中しているのです。

特に胚芽は、芽を出して、稲というひとつの生物へと成長していく重要な部位である。

それだけに、生命維持に必要な栄養素がたくさんつまっています。

私たちが日頃食べている精白米は、糠や胚芽をけずってしまって、美味しさではすぐれています。

しかし、稲のもつ本来の栄養分の多くを、捨ててしまっているのです。

玄米は、カルシウム、マグネシウム、カリウムのミネラル類や食物繊維など、副交感神経を優位に導く栄養素がたっぷり含まれています。

ですから、体がぽかぽかと温まり、心身をリラックスさせて、免疫力を高めてくれるのです。
posted by porigucci at 00:04| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする