2008年10月21日

日本の豊かな自然の恩恵に感謝したい!

今はもう秋、誰もいない海・・・・という気分なのに、昼間は結構暖かいというより暑い日が続いています。

しかし、夜ともなれば少し肌寒くなってきたようです。

温かい湯船に浸かってゆっくりしたい今日この頃のですが、ついシャワーで済ましている。

というのも、湯船にお湯を満々とはることは贅沢かなあ・・・と、ふと思ってしまうのです。

アフリカや中東やアフガンなどの紛争地域の人々は日本のようにたっぷりのお湯でお風呂に入るということは皆無である。

特にアフリカの一部地域では、飲み水でさえ事欠いている状態である。

このようなことを考えると、日本の国は本当に恵まれていると言わざるを得ません。

例えば、大分県の別府温泉で日没時の紫紺の海を見渡せる絶景の大浴場に浸かって、「ふ〜っ」と一息ついた瞬間はまさに至福のときである。

よく、中国人が日本の川の色を見て、びっくりするようです。

日本人から見れば特別に驚きはないが、中国人にとっては自国の黄色く濁った川と比べてしまうからです。

今、日本は水が豊富といわれていますが、実際は違うようです。

ご承知のように日本の食料自給率が40%で、残り60%はアメリカや中国などから輸入しています。

もし、自給率を100%にした場合において、残りの60%の食料を自前で作るために、その分の水が必要になるのです。

そうした場合においては、水が不足するだろうと言われているのです。

今後、地球の人口がこれ以上増え続けると、食料危機は無論、水の獲得合戦が世界規模で行われると囁かれております。

このような事を考えながら、今はとりあえず、この日本の豊かな自然の恩恵に感謝するばかりである。
posted by porigucci at 22:15| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

過敏性腸症候群はストレス社会の現代病である

過敏性腸症候群はひとえにストレスだといわれています。

症状が多くでるのは月曜日である。土曜日や日曜日などの休日は、あまり症状が現れないようです。

これは、休日には一時的にストレスから離れられるので、それほど問題なく過ごせます。

月曜日になると、いやな学校や会社に行かなくてはならず、登校や通勤などの電車の中で、下痢症状がでてしまうのです。

トイレで用をすませてしまえば、腹痛はおさまりますが、このような状態が何日も続いてしまい、大変困っている人が多いようです。

このように過敏性腸症候群は、ストレス社会に増えている現代病といわれ、症状が軽い人も含めれば、5人に1人は該当するのではないかと推定される。

過敏性腸症候群は、ストレスが原因であり、病院で受診しても「生活改善をするように」と言われることが多いという。

とりあえず、下痢止めや腹痛を抑える薬が処方されます。

薬を使えば、つらい症状から一時的に治まりますが、過敏性腸症候群そのものは治らなく、かえって症状を悪化するケースもあるようです。

ストレスは、人それぞれです。健康問題、職場での人間関係、家庭の問題、経済的な問題などさまざまであります。

ともかく、ストレスは万病のもとであることを理解し、ストレスの原因をできるだけなくすことや、早めのストレス解消で乗り切ることが大切です。
posted by porigucci at 13:33| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

快眠、快食、快便は健康の源である

快眠、快食、快便は健康の源であり、なかでも快便は大切な行いなのです。

さて、みなさんは自分の排便周期を把握していますか?

毎日の人もいれば、2日おき、3日おきという人もいるかもしれません。

日本内科学会の便秘の定義は「3日以上排便がない場合、または毎日排便があっても残便感がある状態」をいいます。

例えば、2日に1回、3日に1回という回数であっても、それが定期的で残便感がなければ便秘ではありません。

便秘について詳しく説明すると、腸管が狭くなっている場合の「器質性便秘」と、腸管運動の低下及び機能の異常による「機能性便秘」に大別されます。

機能性便秘はさらに、「弛緩性便秘」と「痙攣性便秘」に分類され、いずれの場合においても腹痛や腹部膨張感、食欲不振といった症状が表れます。

弛緩性便秘の場合は体質によるものから、神経障害、運動不足、食物繊維の摂取不足、咀嚼(そしゃく)の回数不足などが原因に挙げられます。

痙攣性便秘は、主にストレスや過労などが原因として考えられます。また、便秘はさまざまな原因が複雑に絡み合って起こります。

自分自身で原因を自覚できるものについては、その原因となるものを改善しなければなりません。

特に便秘の悩みを抱える女性は、便意をもよおしても我慢してしまう傾向にあります。これが一番よくないのです。

便秘は肌荒れや吹き出物などの原因にもなるので極力解消しなければなりません。

便秘には野菜、果物、穀物などの食物繊維がよいといわれています。
理由は消化されずに腸内細菌で発酵されて排出されるからです。

したがって、なかなか出ない便を出すには、十分な水分(冷たくしないで人肌程度のもの)、もしくは野菜や果物の手作りジュースや野菜スープなどを積極的に摂取することが必要です。

ただし、コーヒーや紅茶などのカフェインやアルコールは、小腸や大腸などの消化器系統を刺激したり水分を減らしてしまうので控えてください。

さらに、朝食を抜いたり、食事の時間が不規則になったりすると、腸のリズムが乱れて便秘になりやすくなります。

また、安易に下剤を用いることもよくないようです。下剤を使用するような頑固な便秘の場合は、専門の医師に相談することをお勧めいたします。
posted by porigucci at 07:59| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

傷は水道水でしっかり洗ったほうが良い

今日、生島ヒロシのラジオ番組「おはよう一直線」で、ためになる話を聴いたのである。

ゲストは、形成外科医の夏井睦氏である。

ふつう、みなさんが怪我をすれば、傷口を水で洗って消毒液をつけるか、消毒液をつけてからガーゼや絆創膏を貼りつけますよね。

これは、とんでもない間違った処置の仕方なんだそうですよ。

病院でも、大体において同じようなやり方で治療します。

では、どうすればよいかというと、傷は絶対に消毒液で消毒してはいけません。

消毒することによって、細菌はおろか生きている細胞(白血球、線維芽細胞、表皮細胞)までも殺してしまうのです。

傷にガーゼをあてると感染を誘発し、ガーゼをあてて傷を乾燥させると、かさぶた(痂皮)が出来ます。

本来、かさぶたは、傷をきれいに治すためにはよくないのだそうです。

一般には、早くかさぶたになったほうが、傷の治りが早くて良いように思われますが、傷跡が残る可能性があります。

男性はともかく、女性の方が膝や肘を擦りむいたときに、なるべく傷をきれいに治したいでしょう。

そのためには、傷口を水道水でしっかり洗ったほうがよく、傷の化膿の予防のためにも,治癒を促進させるためにも最も効果があるという。

キズの閉鎖湿潤療法(ラップ療法)

傷口を水でしっかり洗って、傷を乾かさないように白色ワセリンを塗り、その上から直接ラップ(クレラップとかサランラップなど)で被って、縁をテープで留めるか包帯を軽く巻いておくだけです。

あとは毎日、傷とそのまわりを水洗いしてラップを交換していけばよいのです。

夏場などの汗のかく時期は、1日に2〜3回交換してください。

ただし、大きな怪我や深い傷などは専門医で診てもらわなといけませんよ。

posted by porigucci at 23:57| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

下関の赤いロンドンバスに乗る

londonbus1.JPG

昨日、電車に乗って河豚(ふく)で有名な山口県下関市の唐戸市場に

行ってきました。

門司から関門鉄道トンネルをくぐると、そこは下関である。

下関駅からは英国で有名な二階建ての赤いロンドンバスに乗ってみる

ことにした。

この赤い二階建てのロンドンバスは下関市が英国より無償で借用

しているのです。

出発地は下関駅で最終目的地は小じんまりとした城下町の長府である。

土曜日ということもあり、二階建てのロンドンバスの乗り場は多くの人で

いっぱいであった。

また、地元のテレビ局の取材も行われていました。

ロンドンバスということで二階席に人気が集中するので、チケットと同時に

整理券が配られ幸いにも二階席をゲットできました。

いざ、乗ってみると、ふだんのバスや観光バスよりも格段に視野が

高いのです。

天気もよく、右手に関門海峡を望み九州の山々も見渡せます。

目的地の唐戸市場前のバス停で降り、元英国領事館で催しが行われていた

ので立ち寄ってみました。

そこで突然に出くわしたのです。

それは誰であろう?

そうです、前総理の安部晋三さんにです。

地元の新聞記者やSP5,6人を引き連れてである。

SPは男性ばかりかと思いきや、体格のよい女性のSPが存在することを

はじめて知りえたのです。

ただ、警官の姿は一人もいませんでした。

安部前総理に握手もしていただき、写真にも一緒に応じてくれましたよ。

解散総選挙も近いということで、地元の支援者に挨拶まわりに来たもの

と思われます。

唐戸市場は相変わらず多くの人たちでにぎわっていました。

とくに、にぎり寿司のお店には人だかりである。

私もその一人であるのだが。

下関といえば、河豚(下関はふぐと濁らないでふくと呼ぶ)であるが、

鯨も有名なのですよ。

寿司も美味しいが、鯨や河豚の揚げ物も絶品である。

また、さざえの壷焼きも炭火でやっており、こりこりとした食感が

たまらなく美味しい。

帰りも赤い二階建てのロンドンバスに乗ってJR下関駅に向かい家路に

着いた。

あとで思いついたのだが、帰りは船に乗って門司港経由で帰えればよかった

のに、JRとロンドンバスを往復チケットで購入していたので断念した。

残念!(ただし、門司港は先週の土曜日に行ったばかりである)




posted by porigucci at 12:44| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする