2008年05月08日

人生を勝手に決めつけない




飽きずに新鮮な気持ちを持ち続けるには?

20代女性の質問内容

いつも友達と話をしていると、仕事とか恋人というのは、

いつか飽きてしまう時がくると言う。

その期間は平均して3年くらいで起こり、どうすれば

いつも新鮮な気持ちを持ちつづけられるのでしょうか!

茂木さんの回答

3年という科学的な根拠はないが、飽きるということは確かにある。

脳は常に好奇心に満ちていて新しい刺激を求めている。

しかし、どんな人でも絶対その人の気づかない奥行きというものがある。

むしろ、それを自分が発見してあげる、とよいのではないか。

自分が成長し変わり続ければ飽きることはない。

相手が変わらなくても、

自分が変われば相手の違ったものを見つけることができる。

飽きないための一番の処方箋は、

相手に変わってもらうことではなく自分が変わること。

私、飽きちゃうんですという人は人に頼るところがある。

自分で工夫するようになると人生が二倍、三倍楽しくなるかもしれない。

なぜ、脳は新しい刺激がないと飽きるようになるのか。

これは人間の脳の嵯峨であり、ネオフィリア(新し物好き)とも呼ぶ。

脳は変わることができ、日々先に進むことができる。

脳が持っている能力を一つだけ言えといったら

変わることができるということを知ってほしい。

つまり、自分の人生を安易に決めつけない。

自分はこういう人間だからダメだとか、

自分の正体が分かったからダメだとか思わないでほしい。

(ここで云う正体というのは、自分自身の性格や能力の限界を、

自身が勝手に決めつけているのではと考える)

自分の正体なんていつまでも分からないんだ、という楽な気持ち

でいてほしい。

それぐらいの気持ちでいた方が変わることもできるし、

脳の潜在能力を生かすこともできるのではないでしょうか。

今回、5回にわたり茂木さんの脳科学について、

お話をさせていただきました。

私自身、大変勉強になりましたが、

あなたにもちょっぴりお役に立てればうれしいかぎりです。
                       
茂木健一郎(NHK プロフェッショナル仕事の流儀)から              
                           おわり

posted by porigucci at 00:00| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

仕事を成功させる方法

茂木健一郎(NHK プロフェッショナル仕事の流儀)から

   

新しい仕事を任されたとき、脳科学的に人を巻き込み成功させる方法

先ず、リーダーが確固たるビジョンをもち、

新しい事業を成功させるという、揺るぎない信念をもつことです。

自分の内面で揺らぐ瞬間があるとしても、絶対、部下に見せてはいけない。

脳は確実なものと不確実なものがあり、新規事業は不確実なものである。

強い信念をもっている人は確実なところを作ってくれる。

確実なところがあるぶんだけ、不確実なところを受け入れることができる。

脳の中には、バランスシートというべき感情のシステムがあるのです。

だからリーダーは、自分が内面に何を感じていようが

絶対に揺るがない確実な怒りみたいな存在を、持っていなければならないという。

次回は、飽きずに新鮮な気持ちを持続するには?

posted by porigucci at 00:00| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

さくらんぼの果実は甘くて美味しい

今日は、ゴールデンウィーク最後の一日です。

天気はとてもよかったが、外出はせず家でゆっくり過ごしました。

小鳥たちが庭のさくらんぼの果実を目あてにやってくる。

あわてて、さくらんぼの果実をもぎ取って収穫しました。

とりあえず一粒食べてみると、何と甘くて美味しいのだろう!

さくらんぼの果実って可愛いですよね! 

  sakuranboi1.JPG

どうです、美味しいそうでしょ!

あなたにも食べさせてあげたいのですが残念です。

さぁ、明日から仕事です。

私は、このブログを書き上げたらすぐにベッドに入ります。

あなたも今夜は、しっかり睡眠をとって明日に備えましょう!




posted by porigucci at 00:00| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 四季だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

アマチュア管弦楽団

今日は五月五日、端午の節句(こどもの日)である。

あいにく朝から雨模様であり、子どもたちにとっては残念な

一日だったと思います。

わが家の庭も雨でしっとりし、さくらんぼの実が黄赤色に

色づいている。

今年はたくさんの実が生っており、たいへんうれしい!

今日は午後2時より、無料のクラシックコンサートに出かけました。

会場は八幡東区にある音楽専用の北九州市立響ホールです。

ホールの名前は、北九州市に面している響灘の海と、音のひびきを

冠したものと思われる。

初代の音楽監督は福岡県出身のヴァイオリニスト、

数住岸子(1952〜1997)さんでした。

オーケストラは西日本医科管弦楽団で、医科学生のOBが中心に

結成したものです。

演目

ワーグナー  歌劇ニュルンベルグのマイスタージンガー前奏曲

ボロディン   歌劇イーゴリ公より韃靼(だったん)人の踊り

ベートーヴェン  交響曲第7番

ただし、アマチュアのオーケストラであるがため、

音がはずれたり、テンポが安定しない等々の小さなミスがあった

ものの、一生懸命に演奏している姿に拍手を送りたい。

アマチュアの場合、弦楽器はあまり目立たないが、管楽器のミスは

ものすごく目立ってしまうもの。

私はクラシック音楽の時は、ホールの2階席の右側が好きです。

理由は、指揮者を中心にオーケストラ全体の動きが見られることと、

オーケストラの編成が美しく見えるので気に入っている。

今回、私はベートーヴェン交響曲第7番の生演奏は初めてであり、

アマチュアとは言えそれなりに満足をいたしました。

しかし、会場までの行き帰りも、愛車の中でカラヤン指揮、

ベルリンフィルのベートーヴェン交響曲第7番を聴いていた

が、やはりプロの演奏はすごいの一言である。

今日は端午の節句であり、柏餅を食べ、菖蒲とヨモギ入りの

お風呂に入り疲れを癒します。

数住岸子(1952〜1997)1993年、北九州市立響ホールの音楽監督に就任し、1997年、北九州国際音楽祭の一環として開催が予定された「響ホール現代音楽の国際音楽祭」の総責任者となったが、開催直前に肺ガンのため45歳で急逝した。

    


posted by porigucci at 00:00| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

西長門の美しい海へドライブ

今日は5月の日曜日、天気は曇り空で霞んでいる。

特に予定はなかったが、昼から山口県西長門の角島(つのしま)

までドライブに出かけた。

家(小倉)から都市高速に乗って関門海底トンネルを通って行く

つもりが、うっかり関門橋(吊り橋)で下関(山口県)に

渡ってしまったのだ。

通行料は関門トンネル150円、吊り橋600円でトンネルの方が

断然に安いのだ。

普通、広島や島根に行く以外はいつもトンネルを利用している。

ただし、関門橋は眺めがよくドライブの爽快感も抜群で、

関門トンネルでは味わえません。

山口県西長門に行くには下関市街から海岸に沿って行くルートと、

田畑の多い山間部を縫っていくルートがあります。

走行距離は約70キロで所要時間は一時間半程度のコースである。

今日は、新緑や田園風景を求めて山間部のルートを選択した。

ゴールデンウィークにもかかわらず、西長門までの道のりは

ほとんど混まなかった。

しかし、角島大橋だけはさすがに大渋滞だったので、

ホテル西長門リゾートでコーヒーブレークした。


siryou0804011520034.jpg


西長門リゾートホテル.jpg

今日は空の色が淡い灰色であったので、

自慢のエメラルドグリーンの海も色あせている。


siryou0804011520063.jpg


siryou0804011520058.jpg


siryou0804011520055.jpg


siryou0804011520057.jpg

2時間ほどホテルのテラスや海辺で遊ぶ。

そのあと角島に渡り、炭火で焼かれたあつあつのいかの姿焼きと

さざえの壷焼きを食べました。

美味しいというより、うまい!という言葉のほうがピッタリである。

ただ、ビールが飲めないのがつらく残念であった。

帰りは角島から国道191号に出るまでは混んだが、

美しい夕暮れの海岸線(ひびき灘)と関門海底トンネルを選択した。

FMラジオから流れるフリオ・イグレシアスのビギン・ザ・ビギンが

心地よく、素晴らしいドライブであった。

    

posted by porigucci at 11:24| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする