2008年04月05日

桜を愛でる一日であった

siryou920010.jpg siryou920027.jpg
小倉城(北九州市)
siryou08040620016.jpg siryou08040620039.jpg
小倉北区足立公園(北九州市)

明日は雨が降るというので、

今日は桜を愛でる一日であった。

私を含め日本人は、何故、桜を愛でるのだろうか。

もちろん、桜は美しいし

四季を通して楽しませてくれる。

春は撫子色の花が咲きほこり、

夏は緑の葉を、

秋はみごとな紅葉、

冬はゆらゆらと落葉してしまう光景も

たまらなく好きである。

このように桜の花は命短くはかないことも、人間の心に共鳴するのだろう。







posted by porigucci at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする