2008年04月02日

87歳の元気なスーパー女優

今日、ラジオで女優森光子さんについて語られていた。

森光子さんは、1920年(大正9年)生まれの87歳です。

この人のすごいところは、主役で舞台を務めていることである。

ふつう87歳で舞台を務める場合、せいぜい脇役程度であり主役

を張ることは稀であります。

特に、芸術座公演『放浪記』は現在まで公演回数1900回をこえ、

2000回をめざしているとのこと。

これもひとえに健康であることと、常にものごとを前向きな姿勢で

取り組んできた結果でもあるという。

健康管理においても、軽いスクワットを朝晩計150回行い、

毎日50〜60グラムの肉、3個の卵を欠かさないといわれる。

2005年には文化勳章を授与されている。

我輩も一時、スクワットをやってはいたがいつの間にか途絶えてしまった。

『継続は力なり』というが、この言葉の意味することは、

反面、継続できない人が多いという裏返しなのです。

だからこそ、森光子さんは元気なスーパー女優であり続けられるのです。

posted by porigucci at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

スーパーワーキングマザー

本屋さんの店頭に勝間和代さんの著書がたくさん並んでいます。

最新では、『お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践』

(光文社)があります。

この方は元証券アナリストだけあって、この手の著書には説得力があり

参考になりました。

女性とはいえ、考えているだけじゃ何も始まらない。

迷ったら「やる」、暇があれば「やる」。

成功は、チャレンジ回数の関数とまで言い切っているのである。

何とたくましいモチベーションのある女性だなあと感心するばかりです。

ウェブサイト「ムギ畑」主宰  http://www.mugi.com

97年からワーキングマザーとその予備軍のための無料会員制ウェブサイト

「ムギ畑」を主宰している。

自身も、3女の母として奮闘中。

米経済紙ウォール・ストリート・ジャーナルが世界中から選ぶ

「2005年の注目すべき女性50人」の、日本人3人のうちの1人であるという。

これはムギさん(勝間和代)が定義した「インディ」という女性の条件。

@年収600万円以上を稼げる女であること

A自慢できる夫または恋人がいること

B年をとるほど、いい女になっていくこと  

精神的にも、経済的にも、周りに依存せず、楽しくしなやかに

生きていける女性のことです。

この「インディ」になるため、具体的にどうすればよいのかを書いた

『インディでいこう!』は、多くのワーキングウーマンたちのバイブル

として注目を集めています。

ではもういちど、考えているだけじゃ何も始まらない。

迷ったら「やる」、暇があれば「やる」。

成功は、チャレンジ回数の関数であるというこの言葉を胸に

しっかり刻んでおきましょう!



posted by porigucci at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする